懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

名古屋市港区大手町 (3) 

2011/11/08
Tue. 21:48

朽ちた物干し台のある、どこか不気味な家。犬犬犬。
港区大手町02-01

苔むしたレンガ置き屋根もポイント高い。
それにしてもひどい朽ち方だな。テレビアンテナも倒れている。
このボロさに似合わぬ何らかの電子機器らしきメカが置いてある謎もポイントである。何だろう。照度計?
港区大手町02-02


壊れた雨樋から植物が生えている。雑草かと思ったのだが、たしかこんな形の観葉植物があった。
ということは、わざと植えたのであろう。壊れかけた雨樋を利用してガーデニング(?)をやっているものと推察される。
もともとほとんど廃墟に近い雰囲気の家屋なのだが、この不気味な植物によってこの廃墟感がさらに増強されてイイ按配である。窓のガムテープ、瓦の苔にも注目。
港区大手町02-03a

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

igu-kun様

いつもコメント頂き嬉しいです、ありがとうございます。

数ある危険な物干し台の中でも、実際にのぼるとなれば
試される勇気はトップクラスかと思われます(笑)
なんらかの植物は、その存在の仕方が実にこの場に相応しく
不気味テイストを醸し出すには本当にいいアクセントでした。
これが実際に意図した雨樋ガーデニングであるならば、
家主はかなりのハイ(廃)センスとお見受けします。

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2011/11/12 01:08 * edit *

これは見事な物干しですね。
母屋の佇まいにマッチした危うい感じ
のぼるのはかなり危険と見ました^^
植物の不気味なアクセントも堪りません。

igu-kun #- | URL | 2011/11/11 01:06 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/86-8a97acac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08