懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

豊田市足助町 (1) 

2011/10/07
Fri. 23:01


中央駐車場から見た風景。

現在は「名古屋牛乳」という名の店になっている建物の裏側である。たぶん。
多少リフォームされてはいるが、江戸末期の建築をうまく保存している。
足助01-06

足助01-02
下の写真、左端の白壁の大きい建物の右に、日陰で見づらいが朽ちかけた赤屋根の旧・白要堂(商店)の裏側が見える。
その右が梅村酒店。青ビニールのかかった崩壊しかけた建物は「釜めし、寿司」という看板のかかった旧食堂(店名不明)の裏側と思われる。写真をクリック・拡大すればよく見える。
表から見た写真は次回以降に載せる予定。
足助01-03

なお、左端の建物の下部にトマソン(純粋階段)と思われる物件があるのを我々は見逃さない。
足助01-04

足助01-01

足助01-05

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

hoppy様

嬉しいコメントありがとうございます。
古来より塩の道として栄えた三州街道・足助宿の街並みです。
写真に見える足助川沿いには、江戸末期から大正期にかけての建築が多く残ります。
街道と川に挟まれた狭い土地に石垣を築き川に迫り出す景観は、本当に新鮮で素晴らしいものでした。
これら建屋の古いものには写真に写る外階段だけでなく、土間から川に直接降りるための内階段があったりして、暮らす人々の生活が川と共にあった往時をしのぶことができます。

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2011/10/11 10:49 * edit *

おはようございます

川に面する特徴的な建物がとても新鮮です
石垣に階段の佇まいが素敵ですね
2枚目3枚目に写っている右奥の建物
川に迫り出したテラスが溜まりません。

hoppy #- | URL | 2011/10/11 09:17 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/77-0b53407b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。