懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

名古屋市守山区鳥羽見 (6)  

2011/08/05
Fri. 03:18

昭和30年代風の町並の中に下町風床屋がある。サインポール(くるくる回るやつ)が2つもあり、しかもそれが地面に置かれずに宙に斜めに浮いているのが変則的である。
その手前、黒トタン家屋の屋根が青トタン波板でイイカゲンに葺いてあるのも好印象である。
電柱を自宅の一部のようにしてしまったり、路面に物干し竿を置いたりするのも「下町スタイル」である。
鳥羽見06-06


黒トタンの家と床屋の間の床屋の右の路地を入ってみる。
鳥羽見06-03

鳥羽見06-04
鳥羽見06-05


長屋の一部が何かの店舗になっている。
鳥羽見06-01

「いいものやすく」これまたイイ味わいのレタリングである。「毎週木曜日つきたてお餅」と控えめに書いてあるが、これはどういうことだろう。「毎週木曜日には皆さんつきたてお餅を食べましょう」という呼びかけか?この謎具合も含めてイイ按配の物件である。
鳥羽見06-02

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

hoppy 様

ご訪問頂き、またコメントまで頂戴しまして感激です、ありがとうございました。
しばらくの不在にお返事が遅くなり、申し訳ありません。
写真を見ていて無性に出かけたくなるというのは、大変嬉しいお言葉です。
初めての光景に心躍る感覚は、やはり私たちが関東のお写真を
拝見していてもそうで、hoppy さんの日常の散歩コースが、
東海にはない素敵な景色ばかりで、本当に羨ましく思えたりします。
建築の地域性は、興味深いですよね。
拙ブログ掲載のこのような景色に対する興味も、
もとは長屋建築の地域性を追いかけていて始まりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2011/08/12 16:05 * edit *

NAGOTAKE様

ご訪問頂き、ありがとうございました。
また、コメントまで頂戴し大変に感激しております。
しばらく留守にしておりまして、お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
昭和30年代を感じ、「いい感じ」を味わっていただけたなら嬉しい限りです。
こちらは市内でも、特に味わい深い町並みの残る地区の一つで、
「えも言われぬ」雰囲気ときたら抜群です。
しかし、「つきたてお餅」の張り紙に言及し、ましてストライクを
共感して下さる方がいるとは、なんというシアワセ!!!
趣ある路地の一角に、意味不明だったり、謎深いものを見つけた時の
興奮は、たまらないものがありますものね。
今後とも、よろしくお願い致します。

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2011/08/12 15:43 * edit *

はじめまして

こうして初めての場所を見ていると無性に出掛けたくなります
いつも見ている風景には無い新鮮みが溜りません
特に家屋の造りなど地域性などが感じられる所が好きです
下のエントリーなど素晴らしい家屋ですね。

hoppy #WGj0Orxo | URL | 2011/08/09 11:11 * edit *

こんにちは、初めて訪問させていただきます。

昭和30年代風の町並といった雰囲気ですね。
懐かしいような、なんともいえないいい感じです。
1枚目の写真が、特に印象的ですが、
最後の写真の「毎週木曜日 つきたてお餅」の
張り紙が、けっこう大好きなストライクです。

NAGOTAKE #0GJF2ts6 | URL | 2011/08/09 09:21 * edit *

igu-kun様
お忙しいであろう中、ご訪問頂けるだけでも感激ですのに
コメントまで頂けるなんて心より感謝です!
名古屋の下町の味わいも場所によってかなり趣が異なりますが、
東京のそれと比べて決定的に違うのは、「粋」のセンスですかね。
ここでの無造作は、ただの無造作に見えることが多いです(笑)
でも、そんな雑然こそ路地裏の魅力の一つだったりするんですよね。
あの「ワクワク感」がよみがえるだなんて最高の賛辞です、ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします。

leib1969 #XVgCdbeE | URL | 2011/08/07 22:53 * edit *

こんばんわ。
東京の下町とは一味も二味も違う名古屋の路地裏風景に感激です。
サインポールは風景の中、素敵なアクセントになっていますね。
2枚目からの路地裏は素晴らしいの一言です。
生活のにおいを感じながら
細い道を歩くワクワク感がよみがえってくるようです。
過去の記事も楽しませていただいています!

igu-kun #- | URL | 2011/08/07 19:58 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/64-41562bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。