懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

愛知県岡崎市(3) 

2010/12/21
Tue. 12:43

様々な顔を持つ廃屋に出会った。

okazaki_05.jpg

隣家との隙間に覗き込んだのは、朽ちて原型を留めない庇板。
用を終えた水道管が這うリブ板のトタン壁が、対面する波板のそれを悲しくも際立たせている。
映り込んだ光と陰が、外壁と活きた其々のトタンの運命を物語るようだ。

okazaki_08.jpg


フォルムが実に素晴らしい。
重厚な存在感があって、なおかつ周囲に見事に溶け込んでいる。
いや、周囲を包含しているようにも見える。
それはこの廃屋の静かな自己主張の姿かもしれない。

okazaki_06.jpg


裏手に廻りこむと、こんな景色が広がる。
役目を終えた人間が土に還ることを想って、私はただじっと眺めていた。眺めるしかなかった。

okazaki_07.jpg



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/6-b07237e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08