懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

愛知県岡崎市(2) 

2010/12/21
Tue. 12:38

岡崎から送る第二弾。
やはり波形のトタン壁が目に色鮮やかな好物件だ。
今はもう廃屋となっているようだが、構造体としてはまだまだしっかりしており、使用には十分耐えるように思われる。
家屋裏面にある木製窓は壊れ、外れてしまったガラスこそ割れていないものの、半分はベニヤ板で塞がれている。
左側面の外壁から無造作に飛び出す煙突や喚起口も、一見なんの主張もないように見えて、トタン壁を頼もしくするアクセントになっている。
雨樋の両端は途中で切れている。

okazaki_04.jpg

okazaki_03.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/5-8f3d5549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08