懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

名古屋市港区稲永町 

2011/04/24
Sun. 01:30

稲永は現在ではイナエイが正式呼称のようだが、1920年の地図を見るとイナエとなっている。
ここでは昭和30年代風長屋の数々を鑑賞できる。

程よい錆び加減の長屋。
港区稲永町01-01

トタンアート物件。サイケな配色。
港区稲永町01-02

港区稲永町01-03

生活感のある6連長屋。
港区稲永町01-04
港区稲永町01-05

イイ味わいのトタンハウス。それはワールド学院こども英会話。
港区稲永町01-06

ウチワサボテン長屋。
港区稲永町01-07

港区稲永町01-08

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/47-6bfed708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。