懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

Google世界紀行・ブラジル (1) 

2020/07/09
Thu. 00:52

Googleストリートビュー世界紀行(笑)の写真がたまってきたので、ここに公開することにする。
公開とは言ってもずっと前からGoogleがすでに公開していたものだが。
ここに載せる写真の著作権は当然ながらGoogleに帰属する。

世界のいろいろな場所を見て分かったのは、日本ほど住宅事情の悪い国は世界を見てもそれほどないということである。
台湾や韓国の町並みも最近はずいぶんと小綺麗になってしまって、本ブログ的にはつまらない。
トマソン的な無駄なものがなさすぎるのである。

シンガポールはもちろん、マレーシアもタイもインドネシアも綺麗すぎる。(しかし、インドネシアには見た目がかなり強烈なスラム(らしきもの)が一部に残っており、ストリートビューで見られるので、後日その写真をアップする)

カンボジアのような元共産主義国家の都会は、碁盤目状に区画され整然とした街並みで、やはりつまらない。(現共産主義国家ではストリートビューが見られるところがほとんどない)

中南米の都会も案外綺麗である。メキシコの「スラム」と言われるところですら、そこそこ整然とした街並みに、それなりに敷地面積もある家が並んでいて、あまりスラム然としていない。見た目が案外「普通」でつまらないので、本ブログでメキシコスラムを紹介することはないだろう。

航空写真で見ると、インドにはまだかなり混沌とした街並みが残っていそうではあるが、インドにはなぜかストリートビューが皆無なのでGoogle紀行ができない。(隣のスリランカやバングラデシュにはストリートビューがそれなりにあるのに)

今後載せる予定なのは、ブラジル、ケニア、南アフリカ、フィリピン、インドネシアである。

今日から何回かに分けて紹介するのは、ブラジルの首都、「近未来的な人工都市ブラジリア」である。

ただし、連続してブラジリアの写真をアップしていくと、同じ傾向の風景が続いてしまって飽きるかもしれないので、あえてバラバラにする。次回はケニアかフィリピンあたりを載せたい。


Google Mapを開く
br05.jpg


Google Mapを開く
br04.jpg


Google Mapを開く
br02.jpg


Google Mapを開く
br01.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/399-4f06477d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08