懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

名古屋市北区上飯田周辺 (3) 

2011/01/24
Mon. 22:36

上質なトタンアートは何よりも美しい。神秘的な芸術性がある。

トタンアパート1
その芸術性の高さ故か、ポプラの黄葉を借景にしてさりげなく映えるアパートメントの雰囲気が、
エコールド・パリの画家モーリス・ユトリロが好んで画きそうなモチーフにも見えてくる。
上飯田とモンマルトルに通ずるものがあるとはとても思えないが。

トタンアパート2
美しい、あまりにもあまりにも美しい。
時間のトンネルをくぐってきた波トタンにしか出せない風合いにただ絶句する。
この種のアートに理解は要らない。
我を忘れて眺めいる・・・ただそれだけだ。

















[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/22-913ee3f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08