懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

墨田区文花 (3) 

2013/03/07
Thu. 01:24

線路脇に残る「昭和」。
東武亀戸線に乗る人なら見たことがあるであろう。
bunka03-03

bunka03-04


bunka03-01

bunka03-02

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

BigDaddy様

コメントありがとうございます。
お返事遅れて申し訳ないです。
こちらは地名が大好物な二人なものですから、興味をもった場所は
事前にも歩きながらも、小字該当単位で確認することが多いんです。
もともと地名へのあくなき好奇心で始めたストビューぐぐりでした^^;
そうこうしてるうちに素敵な長屋を探すようになったんですが(笑)
1~3に関しては同じ場所であって、まだ現役の住居です。
最後の路地、こういう景色が目前に現れると、もうまるごと味わいたく
なります。素晴らしかったですよ^^
「江戸のトイレ事情」ですか!私も最近、大江戸入門とやらの図解本
を購入し、肥取りの様子や北斎漫画に描かれた辻雪隠にえらく感銘を
受けました(笑)
NHKのタイムスクープハンター、存じておりますです。
あれはかなり面白いですよねぇ~!確かに昨今では一番関心をもって
見ることのできた番組です。今年は劇場版もあるんだとか。
興味の向きが同じだと、やっぱりツボもかぶりますね^^

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2013/03/08 23:54 * edit *

kozoh55 様

コメントありがとうございます。
お返事遅れ気味であるのと、kozoh55 さんの大森シリーズの記事も
楽しませてもらいながらも読み逃げしてたりで・・・^^;
いろいろごめんなさいです。
この日は再開発で消えた路地景色を確認するという悲しい目的もあって
曳舟へと向かいました。
飯田橋で待ち合わせをしたのですが、総武線の黄色い車両に未乗車の
こともあって一度乗ってみたく、亀戸から先は東武亀戸線へ。
東あずまを過ぎてからというもの、断続的に見える車窓からの景観に
はしゃぐことしきりで、目的の曳舟駅に着いて鳩の街を探索して以降
再度亀戸線に乗って小村井まで引き返したのであります。
時間が止まったかのような・・・沿線は確かにそんな雰囲気が満点でしたね。
「亀戸から北へ」ですか!次回の記事を楽しみにしております^^

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2013/03/08 23:12 * edit *

犬山にゃん太郎様

コメントありがとうございます。
お返事遅れてごめんなさいです。
線路沿いに見える二軒に関してはまだ廃墟ではありません。
ちょうど主の方がこの住宅付近をお掃除したりしてたりしてて
なかなかカメラを向けられなかったことをよく覚えています。
波平さん!(笑)言われてみれば一本すくっと伸びている感じが
確かにおもしろいですね^^あ~ダメだ^^;もう波平さんの頭に
しか見えなくなってきました(笑)

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2013/03/08 22:42 * edit *

ふみばな?、ぶんか?、調べると「ぶんか」なんですねぇ。隣の京島は知っていますが、文花は知りませんでした。私の悪い癖でどこへ行っても同じ風景ばかり撮るので、次第に地名なんてど~でも良くなり、結果、多分、文花には行った事があるが、行った事すら記憶にない状態です(笑)。

1~3は同じ場所ですかね、どれも人が住まわれているのですよね、最後のお写真、素晴らしい路地ですね。手前の消化器、使えなさそうな・・・(笑)。

時に、2月27日の記事にて「表立って取り上げられることもない文化や歴史の方が興味深い」、ほんと、その通りで、図書館とかで江戸のトイレ事情とかそんな本ばかり読んでいます。NHKのタイムスクープハンター、ご存知でしょうか、まさにあの番組が最高だと思っています。

BigDaddy #X.Av9vec | URL | 2013/03/08 01:44 * edit *

亀戸から

北へ北へと歩いて上がっていった時
立花という地名の所で、同じような風景を
電車沿いに見かけました。
この写真もすごいですねえ。
お晩です、懐古istさん。
そもそもこの沿線全体が何か30年位時間が止まってしまっている?
歩いていると、yokotako氏と私は不思議な感覚を
憶えました。ここはどこだったかしらなどとも、
団地があって、見渡した時も、なにかここは?って、
気が付くと同じような場所に吸い寄せられるのですね。
この碑は結局、時間の関係で
小村井から電車に乗り、曳舟まで出てしまって
文花という地を歩けませんでした。
次の楽しみが増えましたね。
私も近く「亀戸から北へ」という記事を紹介します。
また、お邪魔します。

kozoh55 #- | URL | 2013/03/08 00:52 * edit *

こんばんは

1枚目の真ん中の家、
ずいぶん長いアンテナが、サザエさんの波平さんのあの髪の毛を思い出しました。
2軒とも廃家なのでしょうか、やはり真ん中の家のトタンの雨戸がなんか懐かしい感じです。

犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk | URL | 2013/03/06 22:24 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/201-022899e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。