懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

伊勢市 (4) 

2012/12/24
Mon. 23:04

宇治山田駅の近く。
鉄錆と銅錆のツーショット。
ise04-05


その壁面。伊藤英酒店の看板の絵のエエカゲンぶりがほとんどシュールでよろしい。
大八車はグネグネ歪んでるし、その前後にいるのが人間だか宇宙人だか河童だかわからない。
是非クリック拡大して観察されたし。トマソン原爆タイプもあり。
ise04-04


ise04-01

ise04-02

ise04-03

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

kozoh55様

コメントありがとうございます。

記事にしている写真のほとんどはleib氏が撮影したものなのですが、今回は、懐古istの手によるものです。
「ヘタウマ看板」ブーム、ついにきましたか!(笑)
元祖「金田瓦店」からのバトンを見事に引き継いでくれた、総本家「ここだ瓦やは」に続く流れの中で
kozoh55さんには、逆にその価値の高さを気づかせてもらうことになりました。
うちのキーワードに「ヘタウマ看板」を加えたいと、leib氏帰宅後に相談してみるつもりであります!

最後の二枚、なんか地味にイイでしょ~
さりげなく配された扇の静かな主張が粋でたまらんですよね。

そちらからだと果てしなく遠く感じるであろう伊勢ですが、いつかのお参りを心からお待ちしております^^

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2012/12/26 22:31 * edit *

ぐり様

コメントありがとうございます。

こちらも歩かれていましたか!
宇治山田から河崎を歩かれたとなると、ちょうどこの近辺でしょうね。
勢田川沿いに、伊勢河崎商人館を観光拠点とした整備化が進んでいるようですが
幸いにして大掛かりな開発までは行われずにいるようです。
住民のまちづくりの目標として「いつまでも住み続けられるまち」であることを掲げ、
それを失ってまでの観光開発は行わない旨を表明しているとのこと。
ここは、歴史を重んじる伊勢人のしたたかさに期待を込めたいと思います。

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2012/12/26 20:08 * edit *

鍵コメ様

コメントありがとうございます。

そうですね
伊勢といえば神宮であって、内宮に近いおはらい町とおかげ横丁ばかりが
取り上げられますね。
こちらは、近年、第二の観光拠点として整備されている、外宮にほど近い
「伊勢河崎の町並み」に続く辺りです。
全国区で紹介されることもあまり無いようですから、まだ知名度は低いですが
なかなかいい味のある場所ですよ。

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2012/12/26 19:45 * edit *

いやいや、やばいでしょう

お晩です、leib1969さん
これは好きですね、このいい加減さ。
「ヘタウマ看板」そのものじゃないですかね。
最近、私の中で「ヘタウマ看板」という言葉が、
ブームです。誰のおかげでしょうね。
この最後の2枚の写真、形がいいです、作りがいいです。
ブロックの上に扇の造作がありますね。
あー行きたい。

kozoh55 #- | URL | 2012/12/26 00:24 * edit *

こんばんは

ずっと以前に宇治山田から河崎あたりを散策したんですが風情のある町並みだったのを憶えてます。当時はチラホラと観光化の様相も見えてましたけど今はもっとすごいことになってるんでしょうか。
今行ったらどんな印象なのか楽しみなようなこわいような。

ぐり #mQop/nM. | URL | 2012/12/25 21:59 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/199-67ab2508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。