懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

豊田市足助町 (5) 

2012/05/16
Wed. 20:44

下の丸竹商店と松美屋洋服店は、たぶん大正から戦前にかけての時代の建築。
足助05-03

足助05-05

松美屋洋服店の建物の端に、「牛馬具ロープ類各種」という看板が残っている。
馬車や牛車がよく走っていた時代の名残である。
足助05-04





民家の壁に富士ヨット学生服の琺瑯看板。1970年代あたりか。
家屋自体はたぶん明治時代のもの。だいぶリフォームされてるが。
足助05-01

足助05-a

足助05-02

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/141-1a7a9d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。