懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

豊田市足助町 (4) 

2012/04/14
Sat. 02:31

足助町(1)にも載せた写真。拡大してよく見ると、青ビニールがかかっている建物はかなり朽ち果てていることがわかる。
足助01-03

上の青ビニールの建物を前から見たものが、たぶん下の「釜飯、寿司」の店跡である。意外と綺麗に見えるが・・・
足助04-02

側面はこの通り。これは恐らく明治時代の建築で、それなりに歴史的価値もありそうだが、このぶんだと保存されそうにない。
足助04-01


下のアサヒビールの建物は大正から戦前までの時代のものらしい。
足助04-03

足助04-04

ここに書いた建築年代は
「足助伝統的建造物保存地区紹介パンフレット」(豊田市教育委員会)
を参考にしている。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

sora様

いつも細部にわたりご覧いただき ありがとうございます

そう言われればそうですね
建屋がどれも川に向かって傾いているように見えますw
昔の建物はどれも屋根組が立派で相当の重さがあるようですから
基礎の分断された側に傾いてしまうのも
あながち錯覚でもないかもしれないと思えてきました(??)

アサヒビールの一階部分がなんだったかは
撮影したleib氏に聞かないとわからないのですが
あいにく今日は一日別室で缶詰です
確かに床屋さんのように見えますね
この際 アサヒビールという名前の床屋さんであって欲しいものですw

最後の崩壊蔵写真は 珍しく空が綺麗に映りました
空を綺麗に写すのは 簡単なようでとても難しいですね
うちの場合 逆光なんてあり得ないものですから
soraさんの手腕にはいつも唸らされるばかりです

トマソン・マンソンばかりか アニソンもきてますかww
日本三大ソン認定期待ですねw

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2012/04/15 21:08 * edit *

こんばんは 失礼します

錯覚ですが どの家も川の方に傾いているように見えます
真ん中の蔦屋敷とブルーシートのお宅は魅せられますね
それが2枚目なのですか 屋根の形をみると分かりませんでした
メッシュの壁はガムテープwで補強したような跡がw
側面は竹を組んだ藁入りの土壁なのですね 年季が入っていますね
石畳の通路にはジブリ感が漂います
アサヒ ビールの建物の1階は床屋さんみたいな造りですね
2階窓が開いていませんか?換気でしょうかね
白壁蔵造りの建物は瓦の組み方がキレイに整っています
何方も手入れしていないご様子で
保存を諦めてらっしゃるのでしょうかね・・・
少しだけ覗いている空の青さがきれいですね

・・・マンソン トマソン  アニソン 3大マイブームなんですw

sora #- | URL | 2012/04/15 01:44 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/130-e3deb424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。