懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

和歌山県 白浜町 (2) 

2012/04/18
Wed. 01:56

昭和33年前後築造の家屋群。パート2。
最初の写真はまた日置の海岸。
日置02-01

日置02-06

日置02-02

日置02-03

日置02-04



手前に見えるレンガ構造物は、もしかして薪で風呂を沸かす釜か!?
日置02-05

[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

sunoha様

あぁ、sunohaさん、どうもすいません〜!!
私がコメント書きすぎるものですから、こちらにまで気を遣わせてしまいましたね。
お疲れ時にわざわざのご訪問ありがとうございます。
お手を煩わせるのは本意ではないですよ、忙しい時にごめんなさいです。
でも、「見ていて落ち着く」とのお言葉はホントに嬉しいです!
伝えたい思いがココにあります!

トタンの錆び具合も、斬新なまでのブルーも、懐古物件のマストアイテムです。
都会の無機質に身を委ねたい瞬間もあるけど、昭和的な郷愁にたっぷり
浸りたい時も多々あります、sunohaさんはお疲れだろうから特にそう思って
下さるのかもしれませんね。

遅い帰宅で、これからあんな図面を読むなんて相当の気苦労ですね。
早く解放されますことを心からお祈りします。
私も赤ペとは気長に向き合っていきたいと思います、アドバイス深謝です^^

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2012/04/20 00:18 * edit *

アジのある

アジのある家屋ですね!
トタンの錆びや、青い塗装をしたトタン…

どれもこれもイイ雰囲気です。
私の周りにもありますが、近くにはマンションばかり建ってしまい、統一感がありません。
ガチャガチャしていて疲れます…

写真を見ていて、とても落ち着きます。

sunoha #- | URL | 2012/04/19 23:42 * edit *

あらしだ様

あらしださん、こんばんは〜!
遠路はるばるご訪問を頂きまして、ありがとうございます^^
先日は夜分に突然乱入してごめんなさいね。

たびたび拝見してくださってたなんて嬉しい限りです。
見る人によってはあまり好まれないかもしれない拙ブログですが、
それでも大好きとおっしゃって下さるとはありがたい・・・救われた気分です。

貴ブログの記事を拝見する限り、羽州の方でしょうか?
雪深い地方では、雪の重さに耐えるだけのしっかりしたつくりのお宅が
多いイメージです。仮に廃墟のごとく人家であっても、きっと都会の下町とは
まったく違う景色が広がるのでしょうね。
山岳集落とかも好きなので、田舎の郷愁ある風景も大好きなんです!
考えただけでワクワクしますね〜
雪景色とくれば更にステキなんだろうなぁ〜♪

五右衛門風呂は母上様のご実家にまだありますか!!
私は紀州の田舎の出身ですが、小学校に上がる頃まで、おばあちゃんちの
五右衛門風呂に入ってましたよ、懐かしいなぁ^^

拙いブログだなんてとんでもない!
一通り読ませて頂いて、優しいお人柄溢れる素敵なブログだな〜と感じました。
それに色白のべっぴんしゃんでビックリしましたよ!

できるだけご迷惑はおかけしないようにするつもりですが(笑)
記事によっては思わず食いついてしまう場合もあると思いますので
(特に食べ物なんか・・・)その場合は適当にあしらってやって下さい、
今後ともよろしくお願いします。

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2012/04/19 22:22 * edit *

先日は私なんかのつたないブログへ訪問して頂きありがとうございました。

度々拝見させて頂いていますが、とても面白いテーマを取り扱っていらっしゃいますね。こういうの大好きです(笑
うちの地元は田舎なので、廃墟みたいな人家は沢山あります。
うちの母親の実家もこの類いかもしれません…。五右衛門風呂あったはず…。

貴重な建築物は徐々に消えて行きますが、だからこそ際立って趣き深く見えるんでしょうね。

宜しければ、また拝見させて頂きます。

あらしだ #- | URL | 2012/04/19 15:37 * edit *

ShinShin様

拙ブログにまでお越しいただき、またリンクの件も快く了承下さって
こちらこそ本当にありがとうございました。
OKのお返事にさっそくリンクさせて頂きました^^

こちらは合併前に日置川町であった場所の海の見える一画です。
あまりの味わい深さに詳細を調べると、昭和30年代に建築された
町営住宅のようでした。
もう廃墟と化したかのようにも見えますが、車が停められ、洗濯物があり、
確かにここに生活があるようです。
牧歌的な風景と相まって、まるでそこだけ時代から取り残されたようにも、
あえて時代から距離を置いているようにも見えました。

写真を見てすぐに行ってみたくなる気持ちはまったく同じです!
というか、こちらは既に先月末、shinshinさんの写真を見て行ってきました^^

shinshinさんのブログに行き着いたのは、川越の丸窓のある風景でした。
実はこのブログを執筆担当しているのは私・懐古istでなく、相方のleib氏といいます。
(私は事前調査や撮影に同行したり、コメント欄を主に担当しています)
leib氏の地元に近い川越で、同じ場所の同じ景色を撮影しているのにも関わらず、
その界隈でleib氏が見つけていなかった「ウラ入口」をshin'sさんに発見して
我が家はかなりの大騒動となりました(笑)
結果、あの一枚の写真だけを頼りに目的の路地を訪ねてくることができました。
苔むした細い路地に立ち、感動に打ち震えたのは言うまでもありません・・・

という具合にご挨拶もないまま、既に貴ブログにはずいぶんお世話になっております^^
長くなりましたが、今後ともよろしくお願いします。

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2012/04/18 22:15 * edit *

こんばんは

こんばんは。

*Shin's フォトブログ~写真雑記*へお越し頂きましてありがとうございました。
それにしてもこの白浜町も凄いところですね。昭和な風景が生き生きと残り、生活の匂いが写真からでています^^今すぐにでもこの場所へ行ってみたくなってしまいそうです(笑)

懐古ismを僕のブログでリンクさせて頂きました。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

ShinShin #xYl2iXZk | URL | 2012/04/18 20:08 * edit *

UCC様

うわぁ〜憧れのUさんからのコメント!
嬉しすぎます〜 朝からテンションアガリまくりです〜!!!
(お仲間さんのマネして馴れ馴れしくごめんなさい)

今回ばかりは純粋な旅行目的で尋ねた白浜でしたが
行く途中で偶然にここを見つけてしまい 急きょ取材になりました^^;
合併して住所は白浜になっていますが 昔の日置川町で
日置海岸の眼前にこの景色が繰り広げられています

見つけた時は それはもうかなりの大興奮でした(笑)
京島や八広ほどの密集がない場所ではアタリも少ないですが
何気ない町で偶然出会うと 逆にもう気分はパラダイスで
撮影しながら 一瞬だけ時間が止まるアノ感覚に酔いしれております 
こちらは町営住宅のようです もしかしたら水洗化されていないかもしれません

しかし 洗濯物やプロパンばかりかホースやバケツにまで目配りがあって
やはりこの景色を再現してしまう人は違うな〜と感動しきりです 

リンクは実は以前からお願いしようと考えていたのですが
模型関係の方がほとんどの中 そんな申し出は失礼にあたらないかな〜と
案じておりました ですからもうそれはそれは喜んでお願いします

拙ブログで勉強だなんて ホントに勿体ないくらいのお言葉ですが
どうか今後ともよろしくお願いします

懐古ist #XVgCdbeE | URL | 2012/04/18 10:49 * edit *

こんにちは。

これはまた凄いですね。やっぱり実物は迫力が違う(^^;
こんなところがまだあるんですね。白浜か~。夏にでもいってみようかな。。。
こういう風景を見ると模型化したくなってウズウズしてしまいます。洗濯物とかプロパン、ホースにバケツとかもうたまりません(^^

そして臭突もしっかり残ってますね。水洗化されてるんでしょうか。。。

これから貴サイトでしっかり実物の勉強させていただきますm(__)m
もしよければリンク貼らせていただいていいですか?

UCC #r/lYEntA | URL | 2012/04/18 02:56 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaikoism.blog109.fc2.com/tb.php/129-72d3e25e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。