懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

埼玉県川越市 (3)  

2011/11/20
Sun. 19:39

喜多町と元町の間に怪しげな路地を発見。店名が4つ書いてあるが、このうち店の看板が見つかったのはロートレックだけ。
川越03-01

ここを狙って行ったわけではなくて、本当に偶然に見つけたのだが、これがまた滅多にお目にかかれないほど素晴らしい、イイ按配の路地であった。
川越03-02

まず目に飛び込んでくる廃墟。
川越03-04

川越03-03


ロートレック。古い蔵造りを再利用したものらしく、なかなか趣ある建物だが、まだ営業しているのかどうか微妙な雰囲気である。
川越03-05

何かの店の跡らしき建物。これもかなり古くて趣もある建築だが、看板が見当たらない。
現在は単なる住居として利用中か?
川越03-06


建物の下を通路が貫通するこんな感じの造りは、古い建物にときたま見られるが、こういうのを何と言うんだったっけ?
川越03-07

上の通路を奥に入った風景。
川越03-08

川越03-09

こちらはまだ営業してそうな雰囲気の店。
川越03-10

川越03-11

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2011-11