懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

大垣市墨俣町墨俣 (7) 

2013/07/16
Tue. 18:20

墨俣町墨俣 (7)1

墨俣町墨俣 (7)2

墨俣町墨俣 (7)3
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

大垣市墨俣町墨俣 (6) 

2013/05/28
Tue. 22:13

赤いトタンの家(工場跡?)
墨俣 (6)2


トタン長屋。
墨俣 (6)5
この写真ではよくわからないが、そばで実際に見てみると長屋にしては結構デカい建物である。
繊維工場が改修されて長屋になったとの話をどこかで読んだが、真偽は不明。

それにしても墨俣の建築と言えばコンクリートブロックである。
墨俣 (6)1


墨俣 (6)3

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

大垣市墨俣町 (5) 

2012/09/11
Tue. 02:51

あんまマッサージいかい。
sunomata05-01


sunomata05-02


うだつモドキ(?)のある古~い家屋。
テレビと冷蔵庫の墓場つき。
sunomata05-03

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

大垣市墨俣 (4) 

2012/04/12
Thu. 01:56

廃墟その1。
墨俣04-04

廃墟その2。
墨俣04-01


小さい家だけども屋根には珍しい布袋さんらしき飾りが。
この地域の風習なのか、それとも単にこの家の主の趣味なのかは不明。
墨俣04-03


屋根の上のトマソン風物件。屋根上に出るために造ったのだろうが・・・ここから出てどうする?
墨俣04-02

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

岐阜県大垣市墨俣町墨俣 (3)  

2012/01/31
Tue. 01:23

見晴旅館の跡。旅館は廃業したようだ。建物は意図的に保存してあるのか、それともただ放置してあるのか。
墨俣03-03

その裏側。トタンだらけ。懐かしの太陽熱温水器の残骸が哀愁を誘う。
墨俣03-02

トタン(+塩ビ)アート。
墨俣03-04

ここにあったと思われる家の跡が幽霊のように浮かび上がる。
墨俣03-01

この向かいの壁面のトマソン物件はインパクト大。どういう建て方したらこういう跡が残るのか。
それにしても墨俣にはコンクリブロック積み上げた建物が多いな。何か理由があるんだろうか。水害に強いとか。
墨俣03-05

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。