懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

名古屋市千種区豊年町等 (3)  

2011/12/21
Wed. 01:08

戦前の小学校か?といった風情である年代物の木造建築を発見。
豊年町03-01

これは株式会社タイガー商会の建物であった。
タイガー商会と言えば1921年以来ずっと地球ゴマを作っている会社として知られる。昭和40年代に放送された地球ゴマのTVコマーシャルがYouTubeにある。ここも参照。
「地球ゴマ」はタイガー商会の商標なので、それ以外の会社の「地球ゴマ」はすべてニセモノということになる。
豊年町03-02
豊年町の辺りは大東亜戦争末期の大空襲でも焼け残った区域が少なくないようなので、あるいはタイガー商会の建物もその焼け残りの一つかもしれない。

以下はタイガー商会の近辺。おそらく戦後の建築だけれども、かなり古いものが見られる。
四つの出窓の周りの修繕により四者四様の形状となっているアパート。左下が「原形」か。まだ木造サッシである。
豊年町03-03

なぜか格子だけが鮮明色の2連長屋。これも木造サッシ。
豊年町03-04

豊年町03-05

豊年町03-06
スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

名古屋市千種区豊年町等 (2) 

2011/06/17
Fri. 21:30

廃墟に近い雰囲気のアパート。しかしゴミが出してあるということは住人がまだいるということだろうか。
壁面に水墨画に見えなくもない文様が浮き上がっていて風流である。
豊年町等02-01

隣の江戸前秀鮨と山林売買仲介美濃忠商事もイイ感じの寂れ具合である。
豊年町等02-02

小島文化教室トンネル。文化教室はトンネルを抜けた先にあるらしい。
豊年町等02-03

それにしても廃坑の内部の如き様相である。ほんとにここに住人がいるか?
豊年町等02-04

豊年町等02-05

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

名古屋市千種区豊年町等 (1) 

2011/04/26
Tue. 20:27

角のたばこ屋。貴重なレトロ物件。
千種区豊年町等01-01

たばこ屋の建物の横にかなり古そうな造りの長屋がくっついている。
千種区豊年町等01-03

この入口がケッタイなことになっている。もとは引き戸だったと思われるが、それをなぜか開き戸2つに改築している。
千種区豊年町等01-02

錆びトタン、塩ビ波板。朽ち果てたベランダの屋根。公明党。
千種区豊年町等01-04

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。