懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

名古屋市瑞穂区雁道 (2)  

2012/03/17
Sat. 18:13

雁道02-01

雁道02-02

雁道02-03


栄湯。どうも本物のレンガ造りらしく、かなり古い建物のようだ。
正面入り口はリフォームされてて新しいが。
雁道02-04

雁道02-05

雁道02-06a


日間貧民宿。じゃなくて日間賀民宿
雁道02-07
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

名古屋市瑞穂区雁道 (1) 

2012/01/24
Tue. 20:58

雁道(がんみち)商店街は、西区の円頓寺(えんどうじ)商店街などと並ぶ名古屋のレトロ商店街だが、円頓寺が街起こしにある程度成功しているのに対し、雁道にはえも言われぬ寂れ感が漂う。
かつては市電の駅もあり、近くに八高(現:名古屋大学)もあり、賑わっていたようだが、いまでは近くに駅もなく大学も移転し、長期衰退傾向のようだ。それに加えて最近数年の不景気のせいでまた急速に衰退が進んでいるとも言われる

パッチワークキルトの店。
雁道01-01

廃墟長屋。
雁道01-02
雁道01-03

錆び錆び&細長&トマソン物件。
雁道01-04

レトロ看板。
雁道01-05

雁道01-10

雁道01-06


雁道01-07
雁道書店・・・だと思う。
それにしてもレトロぶりというか「生きている化石」ぶりがすごい。
「小学一年生」と「婦人生活」がレトロ字体(?)で書かれている。「小学一年生」は今でも刊行されているようだが、「婦人生活」はとっくの昔(1986年)に休刊してるぞ!色褪せた幟と、字が消えてほとんど読めない看板(「雑誌」という字だけ読める)にも注目。
雁道01-08
雁道01-09

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

名古屋市瑞穂区直来町・西の割町 

2012/01/08
Sun. 04:11

レトロ長屋。
直来町・西の割町01

梅湯。正月に載せるには時期外れの写真だけども、クリスマスの飾りつけが見える。しかもこれは去年ではなく一昨年の12月の写真である。写真のストックがたまっているのにブログ更新が遅いからこういうことになる。
直来町・西の割町02

直来町・西の割町03

直来町・西の割町04

直来町・西の割町05

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

名古屋市瑞穂区豆田町 

2011/09/09
Fri. 21:45

火の見櫓ビル。
豆田町01-01

アンテナの林立する錆びたトタンハウスにも地デジ化の流れが。
豆田町01-02
この家屋、よく見たら、以前に平郷町のところに載せた下の写真のと同じだった。平郷町というのは間違いで正しくは豆田町である。
瑞穂区平郷町01-01


下は、何だかよくわからないけど、とにかく素晴らしい物件。豪華な邸宅では屋根が三重になっていることも珍しくないが・・・下の家屋は別の意味でイイ物件である。この三重屋根にはほとんどトマソン的な味わいがある。
豆田町01-03

これまたイイカゲンに増築した感じの物干し台兼ガレージの朽ち果て加減もゲイジュツ的である。
豆田町01-05

豆田町01-04

逆から見てもやはりスバラシい。
豆田町01-07

朽ちた木製窓枠、トタン波板、石置き屋根ならぬブロック置き屋根。ビニールシート。繁茂する植物。
「イイ物件」のエッセンスが詰まった逸品である。
豆田町01-06

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

名古屋市瑞穂区平郷町 

2011/05/10
Tue. 20:54

トタン波板の錆び加減と塩ビ波板のツギハギ加減がイイ味を出す民家。
一見窓枠のようだが何だかよく分からない木枠とか、庇にしては半端な大きさの物体がある。トマソン風味である。なおかつ多量のガラクタ群がバラック風味を加える。
瑞穂区平郷町01-01

古い長屋。やはりアルミサッシにリフォームしてないのはポイント高い。
屋根の波打ち加減と壁にひび割れ加減に注目。
瑞穂区平郷町01-02

トタン波板と木製引き戸でイイ味出してる株式会社。
街灯の水銀灯のような形の電灯が家屋から直接生えてるのも珍しい。
やけに太いケーブルだな・・・と思ったら、よく見たらつる植物の茎ではないか。
瑞穂区平郷町01-03

上の写真の左側。
瑞穂区平郷町01-04

もっと左側。
瑞穂区平郷町01-05

それは実にイイ味の角物件であった。
瑞穂区平郷町01-07

さらに、思いっきり年期の入った看板。綜合衣料の店はやし屋。共立電設株式会社と同居?
どっちから見ても味わい深い建物であった。
瑞穂区平郷町01-06

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。