懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

尾張旭市の野鳥(1) 

2013/06/24
Mon. 21:57

気分転換の鳥シリーズ。
カワセミ。
2012_1106_160828-DSCN0306b_R.jpg

叫ぶヒヨドリ。
2012_1105_162214-DSCN0232a_R.jpg

整列するスズメ。
2012_1105_153122-DSCN0198a_R.jpg


スズメクローズアップ。
尾張旭市の野鳥(1)2

尾張旭市の野鳥(1)

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

東海市の野鳥(1) 

2013/05/16
Thu. 22:33

気分転換の野鳥シリーズ。

梅とメジロ。3月15日撮影。思いっきり時期外れの写真を平気で載せてしまうところがこのブログである。
2013_0315_123520-DSCN1569a_R.jpg

2013_0315_125812-DSCN1598b_R.jpg


コチドリ。
2013_0315_115826-DSCN1496a_R.jpg


オオジュリン。
2013_0315_120804-DSCN1528a_R.jpg
葦を食べているように見えるが、実際は葦の中にいるカイガラムシを食べているのだとか。
栄養分の少ない枯れ葦に固着するカイガラムシも奇特だが、それを好んで食べる鳥もまた奇特である。
2013_0315_120412-DSCN1512a_R.jpg


キセキレイの若鳥かな?毛がボサボサ、
2013_0315_125042-DSCN1588a_R.jpg

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

刈谷市の野鳥 (3) 

2013/04/18
Thu. 22:57

カワラヒワ(オオカワラヒワ?)
刈谷市の野鳥 (3)4

多くの野鳥は木の茂みにうまく隠れてしまってなかなか撮影できないが、
カワラヒワは木の頂上にとまるのが好きなようで、レンズに捉えやすい。
しかしうまく撮らないと下の写真のようにシルエットのようになってしまいやすい。
刈谷市の野鳥 (3)5


ヤマガラ。
2012_1122_084455-DSCN0935a_R.jpg

刈谷市の野鳥 (3)2
やはり、曇っていて光量が足りないと画質がだいぶ落ちる。これはコンデジの宿命か。


シジュウカラ。
刈谷市の野鳥 (3)1



コウモリみたいにぶら下がるヒガラ。
刈谷市の野鳥 (3)3

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

刈谷市の野鳥 (2) 

2013/01/28
Mon. 03:06

気分転換の野鳥シリーズその3。

碍子の上のユリカモメ。感電しそうで怖いんだが大丈夫らしい。
刈谷野鳥02-04

刈谷野鳥02-02

刈谷野鳥02-03


キンクロハジロ。両方とも雌?
刈谷野鳥02-01


ツグミ。この体勢のままずっと静止していた。
刈谷野鳥02-05

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

弥富市鍋田干拓の野鳥 (1) 

2013/01/06
Sun. 03:20

気分転換の野鳥シリーズ第二弾。
「田んぼの貴公子」タゲリ祭り@鍋田干拓。
タゲリはちょっと珍しい鳥だが、冬の鍋田にはいっぱいいて壮観。
その仲間のケリもいたのだが今回は撮影せず。
ケリも日本全体で見ればちょっと珍しい鳥だが、東海地方ではそうでもない(年中見かける)。
nabeta01-01

nabeta01-02

nabeta01-06

nabeta01-03

nabeta01-04

nabeta01-05

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2017-08