懐古ism

新しく綺麗なものだけが美しいとは限らない。 古びて傾き、壊れ、錆びつき、朽ちていく物にこそ宿る美しさがある。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

岐阜県多治見市本町 (1) 

2011/09/06
Tue. 18:41

多治見市は窯業(美濃焼)で知られているものの、知名度ではやはり愛知県瀬戸市に敵わない。
多治見はうなぎ料理でも有名で、鰻屋も多いのだが、それは瀬戸市にも言えることである。
ということで、「これがあるのは多治見だけだ!」と売り出せるものが案外少なそうだ。そのためか、最近では「日本一アツい町」などという売り出し文句も使っているようである。これも埼玉県熊谷市にいつ抜かれるかわからないんだが、少なくとも瀬戸市には勝てそうである。瀬戸市とは違って多治見市は見事な盆地になっている。
さらには「うながっぱ」というケッタイなゆるキャラも動員して町起こしに励んでいる。
うながっぱ公式ページ
img_top-a.jpg

公園内にも動員された河童夫婦。銅像かと思ったが、よく見ると陶器のようである。不気味である。
多治見本町01-03

多治見本町01-05

多治見本町01-06

多治見本町01-02
V字路には床屋ローズがある。ロ~ズと表記すべきか。
多治見本町01-01


UCCと書いてあるところからすると喫茶店だが、なぜ「チャレンジャー」なのか?何にチャレンジしているのか?
多治見本町01-04


いろいろ脈絡なく売ってる店。将棋が「将基」となっているのは、どう見ても単なる誤字のようだ。異体字とかではないだろう。よく見ると、将の字も中途半端に旧字体が入っている(正しい旧字体は將)。
 (1) 爺さん店主が看板屋に「この通り書いてくれ」と手書きの字を提示した。
 (2) 看板屋は「たぶん字が違うぞ~」と思いつつも疑問を口に出さず、任務を忠実に果たした。
のような経過でこんなのができたんではないか。

多治見本町01-07

多治見本町01-08
スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。